虫さんとバイバイ!アロマの虫よけスプレー&クレイケアクリーム作り in 牧野林

こんにちは、ハピママスタッフの東です。

梅雨が明けていないなんて信じられないくらい、毎日暑い日が続いていますね~。

暑いとついつい冷たいものばかり食べてしまいますが、夏バテしないよう気をつけたいですね。

 

さて、先日ベルフ牧野林でアロマの虫よけスプレー&クレイクリーム作りを開催しました。

キャンセルもありましたが、5組の親子が参加してくれましたよ~。

講師は、ハピママではおなじみの野田綾先生です。

こちら今回のスプレー&クリーム作りで使用する道具たち。

ハートのまな板、キラキラのスプレーボトルなど。

全て綾先生が用意して下さったのですが、とってもかわいい~♡

始まる前からワクワクしますね~!

 

ママ達が席に座ったら、虫よけスプレー作りスタート!

まず、パッチテストをして、肌に異常がないか確認します。

ママ達、全員大丈夫でした~。

虫よけスプレーを自分で作るのは難しそうな気がしますが、作業の手順はいたってシンプル。

材料を順番に入れて、混ぜるだけなんです!

バラの花びらを漬けたウォッカをビーカーに小さじ1入れて、

色々な種類の精油を順番に入れて、

ペパーミントウォーター、精製水を入れて混ぜます。

作業を進めながら、綾先生が精油やハーブの効能について、一つ一つ丁寧に説明してくださいました。

最初は透明だった液体が白濁してきました。

真剣な表情のママ達。

ビーカーで液体を混ぜる作業が理科の実験みたいで楽しい!という声も。

私もやってみましたが、無心になって混ぜていると時を忘れ、気分転換になりましたよ。

これで虫よけスプレーは完成!!

子ども用と大人用に分けて、容器に入れます。

左のキラキラしたボトルが子ども用、右が大人用です。

完成したスプレーを肌や洋服につけていると、部屋中とても良い香りに包まれましたよ~。

市販の虫よけスプレーの独特のにおいとは違う、爽やかで優しい香りでした。

「わたしもつけて~」と女の子がママの元へ♡

 

次は、クレイケアクリーム作り!

クレイジェルを8割くらい容器に入れて、

ホホバオイルと混ぜます。

混ざってきたら、クレイジェルを再度加えて完成。

クリームの固さは変えられるそうなので、クレイの量を調節して、ママ達は自分好みの固さのクリームを作っていましたよ〜。

ちなみに私は柔らかめにしました♡

 

ママ達がスプレーとクリームを作っている間、子ども達はスタッフと一緒に遊んでいましたよ〜。

みんなとってもお利口さんだったので、作業がスムーズに進みましたね。

 

そして、お待ちかねのおやつタイム。

今日のおやつは、コープの「フルーツゼリー100」「サラダせんべい」「れもんジンジャークッキー」です。

おやつを食べながら、ママ達に感想を聞いてみました。

☆子どもが市販の虫よけスプレーのにおいが苦手なので、良い香りのするアロマの虫よけスプレーは喜ぶと思います。

☆アロマオイルを持っているけど、何に使えばいいか分からなかったので、とても勉強になりました。

☆子どもの肌に使うものは安全な物がいいので、天然の成分で作られた虫よけスプレーは安心して使えます。

 

今回作った虫除けスプレーとクリームは、日焼け後の肌の保湿やデオドラントスプレー、ヘアスプレーとしても使えるそうです。

1つでいろんな役目を果たしてくれるなんてすごい!

子育て中の忙しいママ達には嬉しいですね。

 

また、スプレーとクリームを使い切った後の容器に精製水かミネラルウォーターを入れると、アロマスプレーとしても利用できるので、使い切った後も楽しめますよ〜。

今年の夏はアロマの虫除けスプレーとクリームで虫刺されの心配要らずですね。

 

綾先生、参加された皆さま、ありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)