インフォメーション

トピックス

2017/11/17

岩泉町「生活橋」復旧支援募金を贈呈しました

左から岩泉町副町長中居健一様、当生協副理事長内澤祥子。

左から岩泉町副町長中居健一様、当生協副理事長内澤祥子。

いわて生協は、台風10号で大きな被害を受けた岩泉町の「生活橋」復旧支援募金に取り組みました。
11月17日(金)、組合員のみなさんから寄せられた募金といわて生協からの募金、あわせて100万円を岩泉町へ贈呈しました。

いわて生協は現在、岩泉町の在宅被災者を対象にサロン活動を行う団体へ、サロンで使うお菓子の支援を行っています。今後も現地の要望にそって支援に取り組んでいきます。

※岩泉町の「生活橋」
 岩泉町には、個人の家から対岸の道路に連結するための小規模な橋「生活橋」が、数多くあります。このほとんどが個人資産で、岩泉町では1995年から個人が整備する際に補助金(9割補助)を出してきました。

 昨年8月の台風10号被害により、岩泉町では190ヶ所中73ヶ所の『生活橋』が流されました。橋の復旧には、総額5億円以上がかかると試算されています。そこで、岩手県と岩泉町が協議の上、支援募金を呼びかけました。支援募金は、生活橋復旧費用の補助金として活用されます。

岩泉町の生活橋の被害、復旧状況についてご説明いただきました。

岩泉町の生活橋の被害、復旧状況についてご説明いただきました。