インフォメーション

トピックス

2017/04/08

【復興支援活動】生協ひろしま「お好み焼きお振る舞い」 4月17日(月)・18日(火)開催

日ごろは当生協の事業・活動に対しご理解・ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
標記の取り組みを行いますので、ご案内申し上げます。報道機関のみなさまには、ぜひご取材くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

1.日時・場所
(1)4月17日(月)11時~13時 岩泉町小川 滝の上仮設団地
(2)4月18日(火)11時~13時 宮古市田老 三王団地自治会研修センター
 
2.趣旨と目的

(1)生協ひろしま(理事長小泉信司、組合員39万人)は、震災後の2011年から毎年、職員・組合員ボランティアによる「お好み焼き隊」が岩手を訪れ、本場・広島のお好み焼きで被災地のみなさんに笑顔と元気を届けています。
今回は、台風10号による豪雨で大きな被害を受けた岩泉町と、東日本大震災からの復興がつづく宮古市田老の2ヵ所で、無料お振る舞いを行います。

(2)いわて生協では、「買い物支援」「生業づくり支援」「笑顔と元気を届ける活動」「震災を忘れない活動」の4つの柱で支援活動を継続しています。こうした支援活動には、全国の生協からも募金やイベント参加、「ふれあいサロン」へのお菓子の提供など、様々な形で支援をいただいており、今回の生協ひろしまの活動もこの一環です

(3)当日の参加者は、次のとおりです。

 ・生協ひろしま(職員2名、組合員ボランティア3名)
 ・いわて生協(17日組合員活動チーム中村弥生、18日 同 池田亮)