インフォメーション

トピックス

2017/07/03

災害公営住宅での「お茶っこ会」7月10日(月)陸前高田市で開催

日ごろは当生協の事業・活動に対しご理解・ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
標記の取り組みを行いますので、ご案内申し上げます。報道機関のみなさまには、ぜひご取材くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。


 
1.  日時/7月10日(月)10時~12時
2.  会場/陸前高田市高田町 県営栃ヶ沢アパート集会所
3.  参加者/栃ヶ沢アパートの住民、組合員ボランティア約20人
4.  内容/お茶飲み・手芸のほか、岩手県予防医学協会様による健康相談
5.  「お茶っこ会」趣旨と目的
(1)東日本大震災から6年、いわて生協では、「買い物支援」「生業づくり支援」「笑顔と元気を届ける活動」「震災を忘れない活動」の4つの柱で支援活動を継続しています。3つ目の柱「被災地に笑顔と元気を届ける活動」として開催しているのが、仮設住宅集会所等での「ふれあいサロン(お茶っこ会)」です。
(2)栃ヶ沢アパートでの「お茶っこ会」開催は、住民の方から要望をいただいたことがきっかけです。
当生協では2011年10月より、西風道仮設住宅で「お茶っこ会」を開催してきました。このお茶っこ会に参加し、昨年栃ヶ沢アパートへ入居された方から、「栃ヶ沢でもお茶っこ会をやってほしい」と要望をいただきました。これを受けて、栃ヶ沢アパートの自治会が主催し、当生協組合員ボランティアがサポートする「お茶っこ会」が5月からスタートしました。
(3)「お茶っこ会」ではお茶のみやおしゃべり、手芸など思い思いの時間を過ごします。また、岩手県予防医学協会様から健康相談員の方に毎回参加いただき、健康相談を会場内で開催しています。