インフォメーション

トピックス

2018/02/22

【東日本大震災支援活動】(財)味の素ファンデーション・釜石市社会福祉協議会・いわて生協共催 「生協料理サロン」2月27日(火) 釜石市で開催

日ごろは当生協の事業・活動に対しご理解・ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
標記の取り組みをご案内申し上げます。報道機関のみなさま、ぜひ取材にお越しください。


1.日時/2月27日(火)10:30~
2.場所/釜石市大町復興公営住宅 2号棟集会室
    (釜石市大町1丁目10-27)
3.参加者/復興公営住宅にお住まいの方々 6名(予定)
(財)味の素ファンデーション様、釜石市社会福祉協議会様、当生協食の支援スタッフ3名(予定)
4.内容/栄養と健康セミナー、調理と昼食会など
5.企画の趣旨と内容
(1)当生協は、被災地での「一人では料理をする意欲がわかない」などの声にこたえて、“食”の支援活動にも力を入れて取り組んでいます。
(2)「生協料理サロン」はその一つで、公益財団法人 味の素ファンデーション様・社会福祉協議会様と連携して、仮設住宅や復興公営住宅を会場に開催しています。
(3)2016年9月、味の素㈱様の復興支援活動「味の素グループ 東北応援 ふれあいの赤いエプロンプロジェクト」(2011年10月スタート)と共同の取り組みとしてスタート。現在は、(財)味の素ファンデーション様が日程を決めてレシピを提供、社会福祉協議会様が会場選定と地元への広報を実施、当生協は当日のサロンを運営しています。これまでに宮古市・釜石市・陸前高田市でのべ75人のスタッフで計25回開催し、113人が参加しました。
(4)今回の企画では、「たっぷり白菜と豚肉のあんかけ丼」「もやしとにらのナムル」「もずくと卵のスープ」をみんなで調理していただきます。