インフォメーション

トピックス

2019/01/22

【復興支援活動】「ふれあいサロン」参加者数 3万人突破 1月25日(金)大槌町のサロンで

 当生協が沿岸の仮設住宅集会所等で開催する「ふれあいサロン」の参加者が、1月25日の回で3万人を越えます。
 ふれあいサロンは2011年6月、「避難所での大変なくらしの中で、ほっとできる時間を過ごしてほしい」と、組合員有志のボランティアが高田一中の避難所で始めました。現在は沿岸の4市町11か所で開催し、参加者とボランティアがおしゃべりや手芸などで楽しい時間をすごしています。
 大槌町安渡第2仮設団地では、2012年3月からふれあいサロンを開催しています。

1.日時/1月25日(金)10:00~12:00
2.会場/大槌町安渡第2仮設団地 集会所

    (住所/大槌町安渡2丁目11-1)
3.参加者/仮設住宅と周辺の仮設住宅にお住まいの方 10人前後
      いわて生協ふれあいサロンボランティア
4.「ふれあいサロン」について

 当生協が「被災地に笑顔と元気を届ける活動」として開催。ピーク時には毎月79仮設住宅を対象に行いました。スタートからこれまでの7年半に、3,640回開催。3万人が参加し、1万5千人のボランティアが開催を支えてきました。また、いわて生協組合員から「手芸キット」「3行レシピ」などの支援、全国の生協からお茶菓子を毎月提供いただくなど、たくさんの支援に支えられて今日まで継続しています。