組合員の活動

だれもが安心して暮らせる社会、人と人とが支えあい
つながる社会をめざし、組合員が自主的に活動しています。

トピックス

2019/09/17

♪非常食を食べてみよう「防災カフェ」を開催♪

盛岡南コープ 永井小豆こ~ぷ委員会
 「非常食って、おいしいの?食べて確かめてみませんか?」と呼びかけ、12人が参加、9月5日(木)、ベルフ仙北で開催しました。
 まずは、地域の避難所等をマップで確認。盛岡市洪水ハザードマップや、公衆電話・避難所マップをみんなで見て、自分の住んでいる地域はどこへ避難すれば安全?どこに公衆電話があるの?など、それぞれ確かめました。
 非常食は、非常用乾燥もち、缶入りパン、マジックライス、えいようかん、ビスコ保存缶を試食したほか、(お湯を沸かせない状況を想定して)水で作ったカップラーメン、缶詰で作ったカレー、ドライビーンズと黒糖きな粉で作ったデザートも食べてみました。東日本大震災の時と比べて劇的においしくなったもの、作ってみたら意外においしいもの(水のラーメンは、すごく暑い時にもいいかも)など、ほぼすべてがおいしく食べられました。試してみて良かったです。
 初めての企画でしたが、参加者にとても好評でした。

《参加者の感想》 
◆防災について見直す良いきっかけになりました。
◆非常食をいろいろ試食できて貴重な体験でした。
◆水から作ったカップラーメンがおいしくてビックリしました。


このほかにも、さまざまな企画を開催しています。