インフォメーション

トピックス

2021/03/09

「東日本大震災から10年 震災を忘れない」3月11日(木) いわて生協各店で取り組み

当生協は、組合員や全国の生協・団体との協同の力で、被災地の支援に取り組んでいます。現在、当生協では、この10年の当生協の支援活動をふりかえり、震災から学んだ教訓をこれからの自然災害への備えにつなげる取り組みも行っています。3月11日は、多くの犠牲者の追悼と、今回で最後となる募金活動を行います。ぜひ取材にお越しください。
 
1.日にち/3月11日(木)
2.組合員ボランティアによる募金活動

  ・開催店舗/11店舗(盛岡・滝沢・八幡平・花巻・北上・奥州・一関)
3.募金活動以外の取り組み
(1)当生協の10年の支援活動の歩みをふりかえる「パネル展」
(2)震災発生時刻の14時46分に、来店者・職員で「黙祷」
(3)復興商品販売グループによる店舗での販売会(会場/コープアテルイ、時間/10:30~15:30)
  ・願いのハーモニー(大船渡市の仮設団地で発足したお母さんたちの手芸サークルです。)
4.当生協の募金活動について
(1)当生協では大震災発生直後の2011年3月18日に「東日本大震災支援募金」を開始。この10年で寄せられた募金は、当生協組合員から1億3,800万円、全国の生協・団体から1億8,300万円、合わせて3億2,100万円にのぼります。
(2)この募金により、当生協では、バスボランティアやふれあいサロン、無料お買い物バス運行、グループ活動補助などの支援活動に取り組むことができました。
(3)当生協の募金活動は今年度で終了しますが、支援活動は今後も継続していきます。