コープの森づくり

岩手の豊かな森林を残していこうと、
組合員参加で「コープの森づくり」に取り組んでいます。

くずまきの下草刈作業

くずまきの下草刈作業

2019年コープの森くずまき植樹。今回はクリを植えました。

2019年コープの森くずまき植樹。
今回はクリを植えました。

コープの森 in くずまき

2010年から葛巻町内の森(小岩金網様所有地)をお借りし、葛巻町森林組合の協力をいただき、毎年6月には植樹、毎年10月には草刈り作業を組合員と常勤者が行ってきました。この10年間で2万本のトチやクリなどの広葉樹2万本を植樹しました。

2019年コープの森まえさわ生母で最後の植樹。このあとは草刈りなどのお手入れを続ける計画です。

2019年コープの森まえさわ生母で最後の植樹。このあとは草刈りなどのお手入れを続ける計画です。

コープの森 in まえさわ生母

2014年から奥州市前沢で100年後の平泉を彩るイロハモミジの森づくりに取り組んでいます。生母生産森林組合の協力をいただき、6年間で180本を植樹しました。苗木は地元で国の天然記念物指定されているイロハモミジの種から育てたものを植樹。組合員宅や生協事業所で育てた苗木もあります。毎年7月には草刈り作業、11月に植樹しました。

コープの森づくり基金

2012年に「コープの森づくり基金」を設立し、組合員のリサイクルで回収した紙パックの益金と共同購入チラシ回収の益金の一部、お取引先協賛企画による募金を積み立てています。2018年度の収入は275万円となりました。
みちのくコカ・コーラボトリング様の協賛で「対象飲料1本利用につき1円がコープの森基金に募金」になる企画を継続しています。