インフォメーション

トピックス

2021/11/01

コープの森づくりinまえさわ生母「イロハモミジのお世話をしよう」11月6日(土)開催

当生協は、岩手の豊かな森林を将来に残していこうと、「コープの森づくり」に取り組んでいます。「コープの森づくり㏌まえさわ生母」は、生母生産森林組合様のご協力のもと2014年にスタートし、2019年までの6年間でイロハモミジの苗木を180本植樹しました。
今回は、組合員とその家族が、これまで植樹した苗木周辺の雑草を刈り取ります。
 
1. 日時/11月6日(土) 
      10:00 月山憩いの広場集合
           <開会式>
            キリンビバレッジ株式会社 東北支社長 白木章雄様より、
            コープの森づくり協賛企画による募金の贈呈
                その後コープの森へ徒歩で移動し、作業
            自然について学べるクイズラリー(お子さん対象)
       11:30 終了・解散
2. 作業場所/奥州市前沢束稲山コープの森
3. 参加者/組合員とその家族、生母生産森林組合のみなさんなど 約70人
4. コープの森づくりについて
(1) 当生協は、組合員参加での森林づくりを通して、森林や自然、環境に対する関心を広げるとともに、CO2削減と地球温暖化防止に貢献することをめざして、「コープの森」の取り組みを2010年より行っています。
(2) 「コープの森㏌まえさわ生母~イロハモミジの森づくり」は、平泉を彩る紅葉の美しい森をつくることをめざし、2014年にスタート。この活動に、のべ650人以上が参加しています。
(3) また、葛巻町森林組合様のご協力のもと、2010年から「コープの森㏌くずまき」にも取り組んでいます。