組合員の活動

だれもが安心して暮らせる社会、人と人とが支えあい
つながる社会をめざし、組合員が自主的に活動しています。

トピックス

2018/12/18

♪「大槌復興支援バスツアー」を開催しました♪

水沢コープ企画
 「東日本大震災からの復興をめざして頑張っている、大槌町のいまを、見て、聞いて、学びましょう」と地域のみなさんに呼びかけ、11月26日(月)、20人がツアーに参加しました。
 コープ
アテルイを8時に出発し、10時30分大槌町に到着。
案内は「おばちゃんくらぶ」代表の川原畑洋子さん。町内にある城山公園は、3月11日の震災発生時、津波を振り切るよう駆け上がった公園でした。バスでも急だと感じる長い坂道。肌寒かったこの日に、老若男女、声を掛け合いながら上がって行ったのでしょうか。ひょっこりひょうたん島のモデルとされる「蓬莱島」をバックに写真撮影。正午になると、テーマソングが流れました。
 お昼は磯ラーメンが美味しい「きりきり善兵衛」で。部屋から見える景色は絶景。こんなに天気の良いのは沿岸では珍しいと言われた空は、海と溶け合うような深いブルーでした。
 その後案内の方とは別れ、来年9月に始まるラグビーワールドカップの会場、図書館や震災伝承館を兼ね備えた交流センター「オシャッチ」を見学し、帰路につきました。川原畑さんのわかりやすいガイドと、言葉が見つけられない沈黙の中に、震災の痛みの深さを感じました。哀しみの癒えない中での案内、本当にありがとうございました。

《参加者の感想》
◆30年前に6年ほど釜石に住んでいましたが、あまりにも変わっていてこれからどこまで新しい街になっていくのでしょう。被害にあった方たちの生きることへの力強さを感じました。
◆川原畑さんの体験をもとにしたお話に、涙が出てきました。7年過ぎてもまだまだこれから私たちにできることを考えながら、この先の復興に協力できたらと思いました。バスツアーに参加しないと感じない思いもあります。
◆これからもバスツアー続けてください。美味しい磯ラーメンをいただくことができました。ツアーの楽しみの一つです。


このほかにも、さまざまな企画を開催しています。
ぜひ、こちらもご覧ください


みなさんも「こ~ぷ委員」になって企画を開催してみませんか?
自分たちがやってみたいことを企画して、楽しく活動できる場が「こ~ぷ委員会」です。あなたもぜひ参加してくださいね。


こ~ぷ委員会について、詳しくはこちら!