インフォメーション

トピックス

2017/10/05

コープの森inくずまき「森のお世話をしよう」10月8日(日)開催

日ごろは当生協の事業・活動に対しご理解・ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
標記の取り組みについて、ご案内申し上げます。報道機関のみなさま、ぜひご取材ください。
 

 
1.  日時/10月8日(日)13:00~14:00
2.  場所/葛巻町江刈・コープの森(地図別紙)
3.  参加者/組合員など約50人
4.  趣旨と企画の内容
(1)当生協では、組合員参加のリサイクル活動や再生可能エネルギーの積極的な活用など、事業・活動の両面で環境に配慮したさまざまな取り組みをすすめています。その取り組みのひとつとして、岩手の豊かな森林を将来に残していこうと、2010年から「コープの森づくり」に取り組んでいます。
(2)葛巻町のコープの森では、葛巻森林組合様、小岩金網株式会社様のご協力のもと、組合員の参加で春の植樹、秋の下草刈り体験などを実施。これまでに植えた広葉樹は1万7,600本、のべ1,300人以上の組合員が参加しています。今秋は、下草刈り体験とどんぐり拾いを行います。
 
◆「コープの森」とは◆
・     植樹や育樹など、組合員参加での森林づくりを行い、森林や自然、環境に対する関心を広げます。また、森林づくりを通じて二酸化炭素削減と地球温暖化防止に貢献します。
・     コープの森inくずまきでは、「ニホンミツバチが自然に増える森」をめざし、10年間で2万本の植樹・育樹に取り組んでいます。
・     2014年からは、2つめの森「コープの森inまえさわ生母~イロハモミジの森づくり」をスタート。生母生産森林組合様のご協力のもと、平泉を彩る紅葉の美しい森をつくることをめざし、毎年30本の苗木を植樹しています。