インフォメーション

トピックス

2017/12/21

【東日本大震災復興支援活動】 「クリスマス昼食会」を大槌町の仮設住宅で開催 12月22日(金)

日ごろは当生協の事業・活動に対しご理解・ご協力をいただき、厚く御礼申し上げます。
標記の取り組みをご案内申し上げます。報道機関のみなさま、ぜひ取材にお越しください。
 

1.日時 12月22日(金) 12:30~13:30

2.場所 大槌町内5か所の仮設住宅
      ※取材は大槌第5仮設住宅集会所にてお願いいたします。
 
3.内容  ボランティアと住民のクリスマス昼食会。

      大槌第5仮設住宅集会所では、巻き寿司を作り、ケーキもいただきます。

4.趣旨と目的
(1)東日本大震災から6年9ヶ月、いわて生協では、「買い物支援」「生業づくり支援」「笑顔と元気を届ける活動」「震災を忘れない活動」の4つの柱で支援活動を継続しています。今回は「笑顔と元気を届ける活動」として、毎月サロン活動を行っている会場で「クリスマス昼食会」「年末昼食会」を開催します。
(2)年末年始をお一人で過ごされる方などに、少しでも楽しいひと時を過ごしていただこうと、震災直後の「年末おふるまい」からはじまり、現在は「昼食会」として継続しています。この7年間で、のべ141か所で開催、のべ1030人のボランティアの協力で、8,800食を提供しています。今年の昼食会は、宮古市、大槌町、釜石市、大船渡市、陸前高田市の29会場で開催し、約300人が参加する予定です。
(3)今回の昼食会には、さいたま医療生協職員の方もボランティアとして参加しています。