組合員の活動

だれもが安心して暮らせる社会、人と人とが支えあい
つながる社会をめざし、組合員が自主的に活動しています。

トピックス

2017/08/08

♪「親子産地見学会~三本柳ふれあいくらぶへ行こう~」を開催しました♪

盛岡南コープコーディネーター企画
「おいしい野菜ってどんな人が作っているのかな?実際に畑で収穫体験もできるかも!親子で見学に行って生産者と交流しましょう!」と地域のみなさんに呼びかけ、16人の親子が参加。7月31日(月)、三本柳ふれあいくらぶへ見学に行きました。
畑に到着して、最初に生産者から野菜を育てる時の苦労や生産している野菜の種類などのお話をお聞きしました。その後、実際に収穫体験へ。ミニトマトのハウスの中はとても暑く、蒸し風呂のようでしたが、みんな夢中でトマトを収穫していました。収穫をしながら、実際に食べさせていただくこともできて、大人も子どもたちも大喜び。今まで、家でトマトを食べたことがなかったお子さんもパクパクと食べていたので、お母さまもビックリ!トマト嫌いも克服です!
きゅうり、なす、トマト、ミニトマト、枝豆、ねぎを収穫し、購入しました。実際に野菜が実る様子を見たことがないお子さんもいて、感動していました。
最後に、ゆでたての枝豆をいただきながら感想発表を行い、楽しく生産者と交流できました。

《参加者の感想》
~大人編~

◆トマトの受粉にマルチナバチを使う等、新しい発見がありました。蜂の巣箱も見せていただきました。蜂は、暑さ寒さにも弱いとのことで、冷暖房完備の箱に入っていました。どの作物も生産者のこだわりや技術があり、おいしい野菜は、一朝一夕にはできないということを実感しました。
◆新鮮な野菜を格安で収穫体験できて、楽しかったです。子どもたちも母たちも勉強になりました。
◆枝豆がなっているところを初めて見ました。貴重な体験でした。
◆採れたてのトマトの甘さに驚きました。食べ始めたら、止まりませんでした。

~子ども編~
◆ベルフ仙北の産直コーナーで野菜をたくさん買ってもらって、たくさん食べたいです。
◆ナスの大きさにビックリしました。つやつやしていておいしそうでした。
◆ビニールハウスが暑くて、生産者の方は熱中症にならないか心配になりました。
◆いつもスーパーで買っているトマトよりも甘くて美味しかったです。
◆ゆでたての枝豆が美味しかったです。



このほかにも、さまざまな企画を開催しています。
ぜひ、こちらもご覧ください


みなさんも「こ~ぷ委員」になって企画を開催してみませんか?
自分たちがやってみたいことを企画して、楽しく活動できる場が「こ~ぷ委員会」です。あなたもぜひ参加してくださいね。

こ~ぷ委員会について、詳しくはこちら!